banner

banner

banner

私たちの身近な自然の一つに森林があります。現在、日本の森林は国土面積の約7割を占めており、私たちの住む日本は、衣食住に至るまで古来からの森林の文化を持ち、森の恵みを受けてきた国の一つです。しかしながら、私たち人間の健康が危ぶまれている一方で、日本の森林にもいま病んでいるところが各地に見られます。松枯れやナラ枯れをはじめ、全国各地で増える一方の放置林の状況など、かつて里山としてあった地域の森林に人が入らなくなるにつれて、身近な存在だったはずの森が遠くなり、森林の健康もまた損なわれてしまっています。

本学会では、私たち人間も、また私たちの周りの森林も、共に健やかな生命のあり方を目指していくことを目的としています。

具体的には、地域の身近な森林環境を利用した医療や、福祉、教育、心理、保育などにおける実践を通して、森林保全や環境教育とも協力しながら、様々な専門職が実践経験に基づいた情報交流を行い、いま望まれている森林と人間とのかけがいのない関わりあい方を研究、模索し、広めて行きます。

地域の森林と人間の健康を考える、医療、福祉、教育、心理など、幅広い方々のご参加をお待ちしております。

[→会長挨拶より]
今月のひとこと

今月のひとこと
上原理事長 中国訪問
残暑お見舞い申し上げます。
7月7日(木)~13日(水)まで、の上原理事長が中国に招かれました。今回の招聘宛名は、「日本森林保健学会理事長」。当学会もますます国際的になってきましたね!

中国西南部の貴州省貴陽市で開催された「Eco Forum Global Annual Conference Guiyang 2016」での貴重報告、パネルディスカッションと、北京市で開催された研修会での基調講演、ワークショップが行われました。
(続きを読む…)

⇒「今月のひとこと」一覧

banner
森林保健活動について
日本森林保健学会では、森林という環境的要因を個人の健康増進に生かすあらゆる取り組みを、森林保健活動と規定しています。

森林保健活動について

会員募集
日本森林保健学会は、どなたでもご参加いただける市井の学会です。賛同してくださる方のご入会を心よりお待ちしております。

会員募集について

日本森林保健学会組織概要
日本森林保健学会の沿革や事務局所在地など組織概要についてご紹介します。

日本森林保健学会の組織概要

Copyright(C)2012-2016 The Society of Forest Amenity and Human Health Promotion In Japan, All Rights Reserved.