NPO法人日本森林保健学会 > information > 今月のひとこと

新着情報:今月のひとこと 一覧

春先の踏査

2021-03-03

3月に入り、陽光が一段とあたたかく感じられるようになりました。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

長野県のある市町村の議会からリクエストがあり、当地のアカマツ・コナラ林に出かけてきました。
信州では木々の芽吹きはまだまだ先で、消雪期のいまは、見通しも良く、実は1年の中でも歩きやすい時期なのです!
葉は出ていなくても、落葉や樹皮から、様々な樹木の種類がわかります。
また、薬用樹木や食べられるものなども見つけることができるのです。

今年は、この森にもおじゃまし、林産物をはじめ、子どもたちの活動のプログラムを考える予定です。

みなさんのおすまいの場所の森林でも、なにかリクエストやご要望がありましたら、どうぞご一報ください!
引き続きのコロナ禍での生活のおり、どうかくれぐれもお体をご自愛ください。

理事長 上原 巌

魔法の水

2021-02-01

欧米の童話や、日本の昔話では、木のウロ(穴)に溜まった水が、ある効力をもった魔法の水として登場することがあります。

たとえば、「森の奥の大木の二又にある水には若返りの効果がある」「山の木のウロの水で顔を洗ったら、おじいさんのこぶがとれた」などの出来事が登場することがありますね。

でも、実際にはどうでしょう。木のウロに雨水が溜まっているのを見かけることはありますが、そこにはボウフラがすんでいたり、茶色く濁っていたり、お話の魔法の水とはちょっと異なるようですね。

今月のひとこと(2月)

けれども、冬のこの時期の木の根元に水が溜まっているのを見かけることがあったら、一度じっくりと眺めてみてください。真冬では、意外に澄んだ水が溜まっているのを見ることができるでしょう。小さな池のように、そこには小さな生態系が存在していることを眺めることができることと思います。

あけましておめでとうございます

2021-01-01

あけましておめでとうございます

2021年は、雪の新年となりましたね。
これは、信州・善光寺の300年生のケヤキ林。文字通り、数百年の風雪に耐え、いまなお枝葉を伸ばしています。

自然界、人間界、ともに大きなうねりや歪みが時に発生しますが、このケヤキのように、逞しく生きていきたいものです。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

日本森林保健学会 理事会・事務局 一同

落ち葉のお歳暮

2020-12-01

今年も師走の時節となりました。

今月のひとこと(2020年12月)いつしか樹木は葉を落とし、山の森には落ち葉がたっぷりと積もっています。
様々な種類の落ち葉の中を歩くと、豊かな気持ちになります。
また、その感触も音もとても心地よいものです。
お金をかけずに豊かな気持ちが味わえるのは、最高ですね。

そして、この落ち葉はやがて土に還り、ふたたび樹木に吸収される栄養分、恵みとなります。いわば落ち葉の輪廻転生となるわけです。

2020年は、全世界がすっかりコロナ一色の1年になってしまいましたが、本年も大変お世話になりました。

来年2021年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

一人でも過ごせる森林空間

2020-11-05

これは、あるカフェの写真です。

新型コロナ・ウイルスの対策から、このように個別に過ごすスペースを設けるお店が増えましたね。定食屋さんやラーメン屋さんなどでも、このような個別スペースがみられます。

今月のひとこと(11月)

野外や自然、森林は、フィジカル・ディスタンス、ソーシャル・ディスタンスを自由にとることができる空間です。しかしながら、来訪者が集中する都市部の公園、森林公園では、もしかしたら、今後はこのカフェのようにお一人様で過ごせる空間を設けるところも出てくるかも知れませんね。

いえいえ、そうはならないことを願っています。そのようなことのないよう、一人でも過ごすことのできるように森林公園を手入れし、整備していくことが必要ですね。

日本森林保健学会では、コロナ禍での森林公園についての調査研究にも取り組んでいます。

森林公園にも一人で過ごせるスペースの設置が必要?(※写真は、イメージです)
森林公園にも一人で過ごせるスペースの設置が必要?(※写真は、イメージです)

Copyright(C)2012-2021 The Society of Forest Amenity and Human Health Promotion In Japan, All Rights Reserved.