新着情報

木材のチップ(今月のひとこと:3月)

2017-03-01| テーマ :今月のひとこと |

いま、木材のチップが様々なところで着目されています。
木材を製材する際には、おがくずが出てきますが、そうしたおがくずだけではなく、木材の端材をあえてチップ(剥片、小片)にすることもあります。
チップは、製紙原料となるほか、園芸用材などにも使われています。

しかしながら、木材のチップ用途の可能性はまだまだあります。

下の写真は、私の教え子の結婚式の実際の引き出物です。
御品には、ヒノキ材のチップを活かした入浴剤と、間伐材のトレイが入っています。そして、箱の緩衝材、クッションには、ヒノキのチップが使われています。チップが商品にも製品にもなっているのです。

天然素材である木材のチップは、今後ますます新たな用途を生み出していくことでしょう。

結婚式の引き出物。ヒノキチップの入浴剤とチップの緩衝材が入っています!

Copyright(C)2012-2017 The Society of Forest Amenity and Human Health Promotion In Japan, All Rights Reserved.