新着情報

「森林と心のユニバーサルデザイン~森のみどりはバリアを越える2022~」開催報告

2022-06-08| テーマ :活動報告 |

さる6月1日(水)、シンポジュウム「森林と心のユニバーサルデザイン 森のみどりはバリアを越える2022」が新宿会場とオンラインのハイブリッド形式で開催され、会場、オンライン共に盛況でした。

主催は、全国森林レクリエーション協会です。

日本森林保健学会は、研究助成事業「森林を活用した障害者・高齢者の保健休養及びレクリエーションの今後の展開方向に関する実証的調査事業」を3年間おこないました。今回はその事業の報告を通して、森林における障害者・高齢者の保健休養及びレクリエーションの現状や課題、そして障害の有無にかかわらずすべての人が森林を活用して、その保健休養効果の恩恵を享受していくための方法、さらに、障害者等に対応した森林レクリエーションエリアにおける施設整備の促進と障害者等の森林の保健休養、レクリエーション活用を支援する仕組みづくりの必要性について考えるシンポジュウムをおこないました。

開会にあたっての沼田正俊さま(全国森林レクリエーション協会理事長、元林野庁長官)挨拶では、事業を担当した本学会への謝意もいただきました。

シンポジュウムは、ご参加された皆様が熱心に聴講いただき、最後に質疑応答もおこなわれ、終始あたたかで良い雰囲気の会となりました。この場を借りて、ご参加された皆様方に厚く御礼申し上げます。

なお、本事業の報告書、ならびに「障害者・障害者のための森林のレクリエーション利用のてびき」はまもなく全国森林レクリエーション協会より発行されます。

「森林と心のユニバーサルデザイン~森のみどりはバリアを越える2022~」開催報告

シンポジュウム会場の様子

シンポジュウムの内容は以下の通りです。

開催日時:2022年6月1日(水)13:30~16:00
主催:一般社団法人全国森林レクリエーション協会
後援:日本森林保健学会
対面およびオンライン開催

【スケジュール】
総合司会:木下喜博(全国森林レクリエーション協会 専務理事)  
13:30 開会挨拶:沼田正俊(全国森林レクリエーション協会 理事長)
13:35~14:05 総括報告 上原 巌(本学会理事長、東京農業大学 教授)
14:15~14:30 事例報告 盲学校の事例 
              竹内啓恵(本学会事務局、全国森林レクリエーション研究員) 
14:30~14:45 事例報告 国内または海外の森林公園の事例 上原 巌 
14:45~15:00 事例報告 高齢者の事例 住友和弘(本学会理事、東北医科薬科大学 教授)
15:05~15:50 パネルディスカッション
         司会:高山範理(本学会理事、森林総合研究所 上席研究員) 
         登壇報告者:上記のほか、
         近藤美紀(都立文京盲学校 副校長)
         中村考一(認知症介護研究・研修東京センター 研修企画主幹) 
 

Copyright(C)2012-2022 The Society of Forest Amenity and Human Health Promotion In Japan, All Rights Reserved.