新着情報

間伐の効果

2020-02-03| テーマ :今月のひとこと |

寒中お見舞い申し上げます。

みなさんは、「間伐」という言葉を聞いたことがありますか?
植えた樹木が成長し、やがて密度が高くなってきた林を適切な本数、空間に間引くことを間伐といいますね。
間伐をすると、残された樹木の成長が促進されます。
また、林の足元、林床に光が射すようにもなり、様々な植物が芽生えるようにもなります。

でも、間伐にはそのような生理、生態的な効果だけではなく、私たち人間にとっての風致作用にも大きな影響をもたらします。それは間伐によって見かけがすっきりし、林間の見通しが利くようになるため、歩く人の不安感を和らげるはたらきがもたらされるのです。たしかに鬱陶しい林間を歩く時には、まるでジャングルの中を歩くような不安感や恐怖感もありますが、いったん林間がすっきりすると、落ち着いて過ごすことができます。

通常の林業で行われている間伐にも、保健休養効果に影響力を持っているのですね。

Copyright(C)2012-2020 The Society of Forest Amenity and Human Health Promotion In Japan, All Rights Reserved.