新着情報

今月のひとこと(10月)

2013-10-01| テーマ :今月のひとこと |

10月に入りました。

本格的な秋ですね。

スポーツの秋、勉強の秋、食欲の秋、芸術の秋、読書の秋です。

今月のひとこと(10月)私は、その秋の日、アメリカ・ミネソタ州ミネアポリス市に出かけ、アメリカ園芸療法協会(American Horticultural Therapy Association:AHTA)での発表をしてまいりました。

AHTAで発表をするのは2001年以来、12年ぶり2回目で、今回は1時間の発表と質疑応答を行いました。

 

日本での様々な森林の保健休養のあり方や、樹木、森林の効用について事例やデータを織り交ぜながら発表をしましたが、アメリカの聴衆の方からの主な反応は次の通りです。

  1. お金をかけずにできることが素晴らしい。多額の初期投資で園芸療法ガーデンを造らずとも、身近な森林に出かけるだけでもよい効果が得られるとは!
  2. アメリカ(ミネソタ)には、身近なところに森林が散在しており、いつでも保健休養の場とすることができる。
  3. 人工林と天然林では、保健休養効果に差が生じるだろうか?また、どんな樹木が好適なのか?
  4. 森林での保健休養効果の持続時間はどのくらいか?
今月のひとこと(10月)

会場はほぼ、満席で、みなさん興味津々でした!

アメリカに限らず、日本でも、身近な森林での健康増進、保健休養はもちろんできますし、特別なお金、初期投資などをかけずともできます。
森林での保健休養は、いろいろな国の方々にとってますます重要な意義を持っていくことでしょう。

今月のひとこと(10月)

学会の様子

今月のひとこと(10月)
発表を終えた晩は、ちょうどミネアポリスできれいな仲秋の名月を愛でることもできました。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

理事長  上原 巌

Copyright(C)2012-2019 The Society of Forest Amenity and Human Health Promotion In Japan, All Rights Reserved.