新着情報

森の恵みは、身近なところに(今月のひとこと:3月)

2016-03-01| テーマ :今月のひとこと |

先日、信州伊那谷の高遠(たかとお)に出かけ、お土産にケヤキ材のお盆と茶托を研究室に買ってきました。いずれも地元の製材所で、地元のケヤキ材の端材から作られたものです。木材の天然の木目には個性があり、美麗ですね。

また、高遠は、桜の名所でもあります。その高遠のコヒガンザクラの塩漬けの桜もまた、お土産になっています。

桜の花びらを白湯に入れると、すっかり春めきます。

桜湯をいただきながら、ふと考えてみると、いずれも森林につながり、ひいては私たちの健康につながっていることにも気がつきます。

お盆、茶托になっているケヤキは、空気のきれいな山間部や渓流沿いに天然に生育する樹木です。桜もその花を愛でるだけでなく、樹皮も材も有効に活用されます。普段全く気付かずに食していますが、ハムの燻製には桜のチップ材が使われています。

新年度もまた、森林と人間の健康について、調査研究をしていきます。
全国行脚も引き続き行っておりますので、もしリクエストがありましたら、どうぞご一報ください!

Copyright(C)2012-2019 The Society of Forest Amenity and Human Health Promotion In Japan, All Rights Reserved.