新着情報

森歩きでの意外な効果

2019-08-02| テーマ :今月のひとこと |

暑中お見舞い申し上げます。
梅雨が明け、これから各地の山や森に出かけられる方も多いことでしょう。

常日頃、運動不足の方の場合、たまに山道を歩くと、きついなあと思うことはありませんか?
特に山道は急峻なところも多く、大いに汗をかきますね。

でも、そんな時、今度は、ご自身の呼吸が鎮まるまでの時間を意識してみてください。
あんなにハアハアと息を切らして登ってきたはずなのに、ものの数分で呼吸は次第に安定していくのではないでしょうか。

今月のひとこと「森歩きでの意外な効果」

「森林浴」という言葉が生まれた1980年代当初、森歩きと室内歩行では、森歩きの時の方が、歩行後の呼吸の安定が早いことが実験で示されました。心身の働きを安定化させる機能のことを「スタビライザー」とも言いますが、森歩きではまさにそのスタビライザーの作用がもたらされるのですね。

今年の夏は、森歩きをしながら、ぜひご自身の心身の安定化作用もためしてみてください。

Copyright(C)2012-2019 The Society of Forest Amenity and Human Health Promotion In Japan, All Rights Reserved.