新着情報

気になる若者の森林離れ・・・

2022-09-02| テーマ :今月のひとこと |

入道雲は去り、空に刷毛で掃いたような秋の雲がみられるようになりましたね。

この秋空のもと、北海道、信州と連続で出前講義に出かけてきました。

北海道では中学校、長野県では高校を訪ね、両校ともに、地域の森林を歩く時間も持てたのですが、いずれの学校の生徒さん共に、日頃はほとんど森林に入らない、そもそも森林にほとんど入ったことがないとのことを聞き、とてもびっくりしました!

日本全国、現在は森林ブーム、森林浴ブームのような気がしているのは都市部だけで、実のところ、豊かな森林のある地域ではさほど森林は需要が高い場所ではないのかも知れません。

今回特に気になったのは、若者の森林離れです。今回お会いした中、高生にたずねてみると、みんなで秘密基地を作ったり、探検ごっこをして遊んだりしたという経験もないとのことでした。こんなに美して広い森林があるのに、一体なぜなのでしょうか?

合わせて訊ねてみると、いずれの生徒さんもスマホゲームは得意とのことでした。もしかしたら、いまの若者にとっての森林はゲーム機の中にあり、現実の森林は圏外の存在になっているのかも知れませんね・・・・。

Copyright(C)2012-2022 The Society of Forest Amenity and Human Health Promotion In Japan, All Rights Reserved.