新着情報

今月のひとこと(2012年12月)

2012-12-06| テーマ :今月のひとこと |

今年も最後の月、十二月に入りました。

クリスマス、大晦日と1年の締めくくりの月ですね。

クリスマス・ツリーにはモミやトウヒの木が使われ、謳われます。

常緑樹(evergreen tree)には、色褪せたり、朽ちたりすることのない永遠の命がイメージされ、クリスマスと重ね合わされているのですね。

また、キリスト教の文化が生じる前から、古代ゲルマンの文化においても、冬至の頃、森の中から常緑樹(針葉樹)を伐り出し、神に捧げる風習がありました。

日本でも、お正月飾りには、常緑樹の松を使いますね。

冬至は一年で最も日が短い日ですが、再び日が長くなっていく原点の日でもあります。

一年の振りかえりは、森閑とした自然の中で、樹木とともに見つめたいものです。

モミの木と夕陽

みなさんにとって、今年はどんな一年だったでしょうか?

 

今年も大変お世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

日本森林保健学会 事務局一同

 

Copyright(C)2012-2019 The Society of Forest Amenity and Human Health Promotion In Japan, All Rights Reserved.