新着情報

上原理事長の台湾再訪(今月のひとこと:5月)

2015-05-06| テーマ :今月のひとこと |

さわやかな薫風の候、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

4月下旬、上原 巌理事長が、台湾園芸療法協会より招かれ、森林でのワークショップ、国際会議での基調講演、また台湾で出版された2冊の本のサイン会を行ってきました。

台湾には、天然林が数多く残っており、また各地に日本様式の棚田、石垣なども残り、コンビニなどでも日本の製品が数多く並び、今日でも日本文化の影響が色濃く感じられます。

上原理事長は今回、台湾山間部に残る先住民の村も複数たずね、樹木、薬用植物を主とする森林調査、農村調査を行ってきました。

新北市郊外の天然林の森林公園でのワークショップでは、グループでのカウンセリングワークに始まり、薬用植物、食用植物の紹介、リラクセーションの時間、芳香蒸留水の製作、樹林を使っての自己カウンセリングなどを終日行いました。

台湾園芸療法協会主催の国際会議では、日本の森林療法の紹介と、台湾における可能性についての2時間の基調講演を行いました。

台湾と日本には気候風土、民族の違いはありますが、共通要素、共感できる要素も数多くあります。

次回は、当学会において、台湾、また韓国やドイツ、アメリカなどの諸国との国際共催を計画したいと思います!

Copyright(C)2012-2019 The Society of Forest Amenity and Human Health Promotion In Japan, All Rights Reserved.