新着情報

古都を訪ねて(今月のひとこと:7月)

2016-07-01| テーマ :今月のひとこと |

猿沢池と興福寺暑中お見舞い申し上げます。

先日、古都・奈良を訪ねてきました。
奈良は、中学時代の修学旅行で訪ねて以来、大好きな古都の一つです。なかでも、奈良公園、猿沢池などのある興福寺周辺はお気に入りの場所です。

今のようなチェーンソーや加工機械のなかった昔、当時の匠の方々は、創意、工夫と腕の技術で、見事な造形を創造しています。高い塔や伽藍を形作っているのは、当時のヒノキなどの大木から切り出した木材です。遠い昔には、これらの大径材を生むことのできるような、どんな巨木の聳える森林があったのでしょうか?

石垣では、アカメガシワ、ナンテンハゼなどの天然更新の樹木を見つけることもできます。

そして、奈良といえば、クズ(葛)は大切な存在です。葛餅、葛湯は、奈良の特産ですね。
クズは、葛根湯などの漢方薬の原料にもなります。

古都を訪ねても、その建物や植物から、人間と森林とのかかわり、そして相互の健康について思いをはせることができますね。

Copyright(C)2012-2019 The Society of Forest Amenity and Human Health Promotion In Japan, All Rights Reserved.