新着情報

身のまわりの食べものと樹木

2020-09-01| テーマ :今月のひとこと |

9月になりました。ひときわ暑かった今年の夏もようやく終わり、秋の陽ざしや、秋の風が吹くようになりましたね。

食欲の秋に先立って、今回は身のまわりのたべものと樹木についてです。
下の写真では、和菓子の中にナンテンの葉が入っています。
葉に抗菌作用があることから、古くからナンテンの葉は防腐に使われてきていますね。

和菓子の中にナンテンの葉が入っています

次に梅干しです。
シソの葉で漬けた、典型的な梅干しです。
ウメはバラ科の樹木です。

シソの葉で漬けた、典型的な梅干しです

お茶は、ツバキ科の樹木の葉です。
やはり樹木の利用なのですね。

お茶は、ツバキ科の樹木の葉です

この秋は、コロナ対策もふくめ、食の分野でも樹木と関わっていきたいですね。

Copyright(C)2012-2020 The Society of Forest Amenity and Human Health Promotion In Japan, All Rights Reserved.