新着情報

霧の中での森歩き

2020-10-01| テーマ :今月のひとこと |

先日、栃木県塩谷町のブナ林、イヌブナ林を歩いてきました。

当日は朝から濃い霧がたちこめ、白い幻想的な世界の中での森歩きとなりました。

今月のひとこと(2020年10月)

しかしながら、このような濃霧の日には、クマなどの野生動物に出会う確率も高くなりますから、もし濃霧の日にあたってしまったら、森歩きをやめるか、クマ鈴などを使って、十分にお気を付けください。

霧の中での森歩きでは、いつでもヘルマン・ヘッセ(1877~1962)の「霧の中」という詩を思い出します。

「霧の中を歩くのは不思議だ・・・ 森の中では誰もがひとりぼっちだ」という言葉が印象的な詩です。

はい、森の中では、誰もがひとりなのです。

Copyright(C)2012-2020 The Society of Forest Amenity and Human Health Promotion In Japan, All Rights Reserved.