NPO法人日本森林保健学会 > information

新着情報:information 一覧

都会の森:明治神宮の杜(今月のひとこと:5月)

2019-05-01

今年のゴールデン・ウィークは、10連休!
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

最近では、海外からの来訪者も数多い明治神宮。
参拝者は年間約5百万人で、日本一の数です。

今月のひとこと(5月)
最近では、様々なグループ活動も多くみられます。

明治神宮の杜は、今から1920年(大正9年)に造成された人工林です。
それから約100年の年月が経ち、現在の神宮の杜は、常緑広葉樹を中心とした森に遷移をしています。

今月のひとこと(5月)
境内の参道

境内では、森から生まれ落ちたドングリから、広葉樹の苗木も育てられています。

今月のひとこと(5月)
境内のドングリから育成中の苗木

また、境内には、神様にお供えするお米を作る田んぼもあるのです。
※一般の方は入れません。

今月のひとこと(5月)

これは神殿前のクスノキ。大きなブロッコリーのような、クスノキ本来の樹形になっていますね。

今月のひとこと(5月)

日本の各地に、寺社林があります。
この連休は、趣向を変えて、神様の杜を訪ねてみてはいかがでしょうか?

本年度もどうぞよろしくお願い申し上げます(今月のひとこと:4月)

2019-04-01

4月1日(月)、また新たな年度、学期が始まりました。
新入生、新社会人のみなさん、いよいよスタートですね!

信州で今春初のふきのとうのてんぷらを食べました。
森林、里山には、有形無形のさまざまな恵みがあります。

雪の下のふきのとうは、とても新鮮です!
雪の下のふきのとうは、とても新鮮です!

本年度の当学会は、創設10周年。
その節目の年も記念して、6月には大きなシンポジウムを予定しています。
入場は無料、会場は、東京農業大学(世田谷)です。
たくさんのみなさまのご来訪、ご参加をお待ちしています!

20190401_002
「森林と健康」シンポジウム 6月22日(土)に開催します!
場所:東京農業大学  入場無料(事前申し込み制)です。
どうぞお出かけください!

シンポジウム「森林と健康」(2019年6月22日開催)

2019-03-16

sympo_main_201906_02

趣 旨

森林の持つ多面的な機能は年々その重要性を増しており、現在は、森林浴、森林療法をはじめとする市民の保健休養に対する関心、ニーズも高まっています。
本シンポジウムでは、その森林の持つ健康増進のはたらきについて、地域医療、メンタルヘルス、学術研究などの視点から、今後の森林と人間とのかかわりの方向性、可能性について、公開シンポジウムを開催いたします。
 
主 催:日本森林保健学会、東京農業大学、森林文化協会(3団体共催)
日 時:2019年6月22日(土)13:30~16:00(受付13:00)
場 所:東京農業大学・世田谷キャンパス アカデミアセンター 横井講堂(⇒アクセスマップ
(駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。)

テーマ:「森林と健康」
参加費:無料
定 員:200名(応募多数の場合は抽選とさせていただきます。)
申し込み方法:下記、お申し込みフォームに必要事項を入力の上、お申し込みください。
締切り:2019年6月8日(土)23:59まで

タイムスケジュール

uehara受付:13:00~

第1部 基調講演・研究報告 13:30-15:10
(1)13:30~14:00 基調講演(30分)
「森林と健康」上原 巌
(日本森林保健学会理事長、東京農業大学 教授)

(2)14:10~15:10 報告(各20分ずつ)
「地域医療における森林利用」住友和弘(東北医科薬科大学 医学部 准教授)
「森林環境と心の健康づくり」竹内啓恵(東京大学富士癒しの森研究所 特任研究員) 
「森林浴の科学的効果」高山範理(森林総合研究所 ダイバーシティ推進室長)

sumitomotakeuchi3takayama2
(左から)住友和弘、竹内啓恵、高山範理

 
第2部 パネルディスカッション 15:20~16:00
(1)15:20~15:50 パネルディスカッション(30分)
sato
東京農業大学 森林総合科学科長 佐藤孝吉教授

about_img_01
東京農業大学 学長 高野克己教授

他、第1部の4名

(2)15:50~16:00 会場からの質疑応答:10分
(3)16:00 終了

シンポジウムへのお申し込み

シンポジウムのお申し込みは、6月8日(土)で終了いたしました。
お申込みされた方で、6月12日(水)までにメールの返信が届かない場合は、お問い合わせページよりご連絡ください。
⇒お問い合わせ

日本森林保健学会 第9回学術総会およびシンポジウムのお知らせ

2019-03-16

<学会シンポジウム>
主 催:日本森林保健学会、東京農業大学、森林文化協会
日 時:2019年6月22日(土)13:30~16:00(受付13:00)
場 所:東京農業大学・世田谷キャンパス アカデミアセンター 横井講堂(⇒アクセスマップ
テーマ:「森林と健康」
参加費:無料 
※会員の方も、事前申込みがご必要です。応募多数の場合は抽選となりますが、会員の方から優先させていただきます。
⇒シンポジウムの詳細・お申し込みはコチラ
 
<日本森林保健学会 第9回学術総会>
日 時:2019年6月23日(日)9:00~12:00
場 所:東京農業大学・世田谷キャンパス 7号館3階 製図室(⇒アクセスマップ
学術総会のテーマ:「森林と人間のこころをはかる」

  • [会員総会]9:10~9:25(受付9:00~)
  • [会員発表] 9:30~11:30(1人20分:発表15分、質問5分)
  • [参加費]会員:無料、一般:3,000円、一般(学生:要学生証呈示):500円
  • [基調講演]前日にシンポジウムを開催するにつき、今年度はございません。
  • [研修会]今年度は別途、開催いたします。開催日程は、ホームページ上でお知らせいたします。

 
<懇親会(会員限定)学術総会の前夜開催>
日 時:2019年6月22日(土)18:00~20:00 
場 所:インドカレー店 東京農業大学付近
会 費:3,000円 

sympo_201906_up

春先の山歩き(今月のひとこと:3月)

2019-03-01

今月のひとこと(3月)今日から3月。春はもうそこまで来ていますね!

みなさんは、春先の山歩きはされていますか?
この時期、ナラやカエデなどの落葉広葉樹を主とした森の林床には、うずたかく落ち葉がつもっています。
静かな春の山で、ガサゴソと音を立てながら、また時には落ち葉に足を取られながら歩くのは、童心にも戻ることもでき、よいひとときとなります。

かのディッケンズも名作「クリスマス・キャロル」の中で、「森の中で、落ち葉に足を取られながら歩くのは楽しい」と書いています。

時には、落ち葉の中にそのまま埋もれてみましょう!
 
今月のひとこと(3月)

Copyright(C)2012-2019 The Society of Forest Amenity and Human Health Promotion In Japan, All Rights Reserved.